アナフィラキシーを契機に発症したヘパリン起因性血小板減少症の1例 A case of heparin-induced thrombocytopenia developed with anaphylaxis in a chronic hemodialysis patient

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は58歳の男性. 多発性嚢胞腎による末期腎不全のため, 2001年6月に血液透析を開始した. 以後, 抗凝固薬にヘパリンを使用し, 維持血液透析を継続していたが, 2006年1月11日, 透析開始数分後に発汗, 胸部不快感, 呼吸困難, 腹痛を訴えた. 血圧100/70mmHgと低下したため, アナフィラキシーショックと診断し, 透析を中止した. 血液検査所見では血小板は透析前36.8×10<sup>4</sup>/mm<sup>3</sup>から透析後11.4×10<sup>4</sup>/mm<sup>3</sup>と低下していた. 血液回路には動脈・静脈側のチャンバー内に凝血が認められた. 翌日は, メシル酸ナファモスタットを使用し著変なく透析を施行できたが, 翌々日には, 低分子ヘパリンを使用すると再度発汗・呼吸困難が出現した. 低分子ヘパリンの使用時にも血小板の減少は認められた. 臨床的にヘパリン起因性血小板減少症 (HIT) と診断したが, ヘパリン・PF4複合体抗体 (HIT抗体) とヘパリン惹起性血小板凝集試験はいずれも陰性であった. また, アレルギーに関する検査では, ヘパリンに対するオープンパッチテストが陽性であった. 以上の所見より, ヘパリンによるアナフィラキシーを合併したHITと診断した. 本症例は, ヘパリンの長期使用後に突然アナフィラキシーを契機に発症したこと, さらにHIT抗体が陰性であることから, 非常に稀なHITであると考えられた.

We report a case of heparin-induced thrombocytopenia (HIT) complicated by anaphylaxis in a patient undergoing chronic hemodialysis. A 58-year-old man with polycystic kidney disease had received maintenance hemodialysis since 2001 using heparin without any complications. On Jan. 11, 2006, he had sweating, dyspnea and abdominal pain immediately after initiating hemodialysis. Since his arterial pressure and pO<sub>2</sub> was decreased, hemodialysis was discontinued. Hematology test showed decreased platelet count from 36.8×10<sup>4</sup>/mm<sup>3</sup> to 11.4×10<sup>4</sup>/mm<sup>3</sup>. There was blood coagulation in both arterial and venous chambers of circuit. Similar episode occurred when low-molecular heparin but not nafamostat mesilate was used as an anticoagulant during hemodialysis. HIT was highly suspected from these clinical manifestations. However, Anti-PF4/heparin antibodies were not detected and heparin-induced platelet activation assay was negative. Regarding the heparin allergy, the open patch test with heparin was positive. We diagnosed with HIT complicated with anaphylaxis induced by heparin on the basis of clinical symptoms. This is a rare case of HIT since it suddenly develops with anaphylaxis after long term use of heparin without the detection of HIT antibodies.

収録刊行物

  • 日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy  

    日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 40(12), 1071-1075, 2007-12-28 

    The Japanese Society for Dialysis Therapy

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021274271
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10432053
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13403451
  • NDL 記事登録ID
    9318614
  • NDL 雑誌分類
    ZS39(科学技術--医学--皮膚科学・泌尿器科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-1413
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ