高血圧合併維持透析患者における透析液ナトリウム濃度低下に伴う降圧効果とその機序に関する検討 Role of relatively low sodium dialysate dialysis in maintenance hemodialysis patients with hypertension

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

目的:相対的低ナトリウム透析液を用いた血液透析(LSHD)は,高血圧を合併した維持透析患者に対する治療法として確立されている.しかしながら基準体重変動に依存しない,循環血液量非依存性降圧機序に関しては十分な検討がなされていない.方法:25症例の安定した高血圧合併維持透析患者において,通常の維持透析に引き続きLSHDを施行し,各々12週の観察期間後に非観血的24時間自由行動下血圧測定と心臓超音波検査を行い心負荷指標の比較を行った.結果:LSHD期には同じ基準体重設定であるにもかかわらず収縮期血圧(178±17mmHgから157±19mmHg,p<0.01)および拡張期血圧(91±10mmHgから84±11mmHg,p<0.01)に有意な低下が認められ,左室容積指標にはLSHDの影響が認められなかった.後負荷指標である動脈実効エラスタンスはLSHD期に有意な低下を示した(2.07±0.75mmHg/mLから1.65±0.49mmHg/mL,p<0.01).結論:LSHDは高血圧合併維持透析患者において有効な降圧効果を示し,その機序として循環血液量非依存性の交感神経活性抑制に伴う血管抵抗低減が関与した可能性が示唆された.

Objectives : Hemodialysis (HD) using relatively low sodium dialysate (LSHD) has been used to control high blood pressure (BP). However, circulation volume-independent mechanisms of the anti-hypertensive effect have yet been not clearly elucidated. Methods : Twenty-five maintenance HD patients with hypertension underwent regular-HD for 12 weeks followed by LSHD for 12 weeks. Twenty-four-hour ambulatory blood pressure monitoring and echocardiography were performed at the end of each phase. Results : Significant decline in both systolic BP (178±17mmHg to 157±19mmHg, p<0.01) and diastolic BP (91±10mmHg to 84±11mmHg, p<0.01) were observed. Left ventricular chamber volumes did not demonstrate any significant difference between the 2 phases despite the equal dry-weight settings. The effective arterial elastance decreased with LSHD (2.07±0.75mmHg/mL to 1.65±0.49mmHg/mL, p<0.01). Conclusions : Reduced vascular resistance due to amelioration of sympathetic overactivity could be partly involved with the anti-hypertensive mechanisms of LSHD.

収録刊行物

  • 日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy  

    日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 41(2), 133-137, 2008-02-28 

    The Japanese Society for Dialysis Therapy

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021274346
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10432053
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13403451
  • NDL 記事登録ID
    9398472
  • NDL 雑誌分類
    ZS39(科学技術--医学--皮膚科学・泌尿器科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-1413
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ