β_2-ミクログロブリン吸着器リクセルS-25の臨床検討 : -短期使用報告-(多施設共同研究) Short-term clinical evaluation of β_2-microglobulin adsorbing Lixelle column S-25 : A multi-center study

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

83例(男:42例,女:41例)の透析アミロイド症患者を対象にリクセルS-25を使用した場合における,単回治療前後でのβ<SUB>2</SUB>M低下率を併用ダイアライザー別で検討した.また,使用開始後短期(平均治療期間3か月)に発現する副作用の検討を行った.併用ダイアライザーの使用分布はダイアライザー機能分類でIII型10.2%,IV型68.0%,V型20.5%,その他1.3%であり,単回治療における血中β<SUB>2</SUB>M低下率はIII型(膜面積1.5m<SUP>2</SUP>以上)で平均66.3%,IV型(膜面積1.5m<SUP>2</SUP>未満)で平均67.8%,IV型(膜面積1.5m<SUP>2</SUP>以上)で平均73%,V型(膜面積1.5m<SUP>2</SUP>以上)で平均70%であり,全体平均で71%(前:25.5mg/L→後:7.5mg/L)であった.また,S-35で治療されている患者6例において,クロスオーバーによりS-25を使用し,β<SUB>2</SUB>Mの総クリアランスを評価したところ,S-35で84.0mL/minであったのに対して,S-25で78.0mL/minであった(対S-35比92.9%).以前にS-35とS-15を比較検討した報告<SUP>1)</SUP>では,S-35使用時のβ<SUB>2</SUB>M総クリアランスは84.3mL/min,S-15は61.1mL/minであった.副作用の発現率は9.6%(8/83例)であり,血圧低下(3/83例)などが認められた.以前にS-35とS-15を比較検討した報告<SUP>1)</SUP>では,1年間の治療期間での副作用発現頻度はS-35で25%(13/53例),S-15で8%(5/66例)であった.以上より,S-25の製品特性はβ<SUB>2</SUB>MクリアランスではS-35に近く,安全性はS-15に近いことが示唆された.

We investigated the efficacy of reducing the serum β<SUB>2</SUB>-microglobulin (β<SUB>2</SUB>M) level with a single treatment of the newly developed β<SUB>2</SUB>M-adsorbing column Lixell S-25 for patients with dialysis-related amyloidosis (male : 42, female : 41), as well as the incidence of adverse events. The dialysers used in the combination were of four types ; type III : 10.2%, type IV : 68.0%, type V : 20.5%, and others : 1.3%. After dialysis was performed with the Lixell S-25 column, the β<SUB>2</SUB>M level was decreased significantly from 25.5mg/L to 7.5mg/L (71% of the baseline value). In addition, six patients were treated in a crossover fashion, in the first period, using S-35 and in the second using S-25. This sequence of treatment yielded β<SUB>2</SUB>M clearances of 84.3mL/min and 78.0mL/min, respectively. Adverse events occurred in 8/83 patients (9.6%), and the major adverse event was hypotension. In two patients treated with the S-15, there was no hypotension while hypotension did occur when the S-25 was used. In conclusion, the S-25 exhibited a high rate of β<SUB>2</SUB>M reduction, comparable to the S-35. The frequency of adverse events on short-term observation was less than that with the S-35, and similar to that with the S-15.

収録刊行物

  • 日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy

    日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 41(5), 301-304, 2008-05-28

    The Japanese Society for Dialysis Therapy

参考文献:  1件中 1-1件 を表示

  • β_2-ミクログロブリン吸着器リクセルS-15およびS-35の臨床検討(多施設共同研究)

    下条 文武 , 天野 泉 , 中澤 了一 , 安済 勉 , 伊丹 儀友 , 井上 聖士 , 大林 誠一 , 大平 整爾 , 大薮 靖彦 , 小野 利彦 , 加藤 禎一 , 神應 裕 , 金 昌雄 , 小林 武 , 近藤 守寛 , 佐藤 元美 , 申 曽洙 , 鈴木 正司 , 勢能 八郎 , 高橋 進 , 田熊 淑男 , 武本 佳昭 , 筒井 修一 , 中山 晋二 , 原 茂子 , 日台 英雄 , 兵藤 透 , 松嶋 哲哉 , 本宮 善恢 , 森田 弘之 , 吉矢 邦彦

    日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 36(2), 117-123, 2003-02-28

    医中誌Web 参考文献5件 被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021274455
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10432053
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13403451
  • NDL 記事登録ID
    9527458
  • NDL 雑誌分類
    ZS39(科学技術--医学--皮膚科学・泌尿器科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-1413
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ