透析患者において高レニン血症と, 著明な高アルドステロン血症を呈したアルドステロン産生副腎腺腫による原発性アルドステロン症の1例 Primary aldosteronism due to aldosterone-producing adrenocortical adenoma with high plasma renin activity and massive elevation of plasma aldosterone concentration in a maintained hemodialysis patient

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

53歳,女性.10年間の維持透析歴あり.偶然,高レニン・高アルドステロン血症を指摘され入院.血漿アルドステロン濃度は40,080pg/mLと著明高値を認めた.右副腎腫瘍を認め各種内分泌的検査結果より,腎細動脈硬化によるレニン上昇とアルドステロン産生副腎腺腫による原発性アルドステロン症の合併と診断した.右副腎摘除術施行.術後,血漿アルドステロン濃度は低下した.慢性腎不全患者においては,時に著明な高アルドステロン血症を呈する例が散見される.腎不全の病態においては,各種のアルドステロン分泌抑制因子が減弱することから適切なネガティブフィードバック機構が作用せず,より高値をとりやすいと考えた.また維持透析患者ではアルドステロン測定系に干渉する物質が存在すると思われ,その評価は慎重に行う必要がある.

The patient was a 53-year-old woman on maintenance dialysis. High plasma renin activity (PRA) and high plasma aldosterone concentration (PAC) were noticed by chance, and she was closely examined. PAC was very high, 40,080pg/mL. A right adrenal tumor was thought to be an aldosterone-producing adenoma with renovascular PRA increase. Right adrenalectomy was performed and the PAC value decreased. It was thought that negative feedback did not occur because the factor controlling PAC secretion decreased, and easily reached a high value, although there is an example in which extremely high aldosterone developed due to renal failure. Moreover, it is necessary to assess whether there is a material that interferes the PAC measurement system in maintenance dialysis patients, and to evaluate it carefully.

収録刊行物

  • 日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy  

    日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 41(5), 329-334, 2008-05-28 

    The Japanese Society for Dialysis Therapy

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021274490
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10432053
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13403451
  • NDL 記事登録ID
    9527633
  • NDL 雑誌分類
    ZS39(科学技術--医学--皮膚科学・泌尿器科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-1413
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ