36年間の2型糖尿病の治療中に抗GAD抗体が陽性化し1型糖尿病を発症した高齢糖尿病の1例 A Case Report of 36-year Treated Elderly Patient in whom Type of Diabetes was Identified as Type 1, not as Type 2 by Ascertainment of Anti-GAD Antibody Conversion from Negative to Positive

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本症例は76歳の男性.39歳の時に肥満を有する2型糖尿病と診断され,長期間経口血糖降下薬で加療された.71歳で脳梗塞発症を機にインスリン治療を開始した.76歳までにケトーシス,糖尿病性ケトアシドーシス,重篤な感染症,膠原病,悪性腫瘍などの合併はなかった.しかしこの間に内因性インスリン分泌能が進行性に低下し,76歳で膵島関連自己抗体の陽転が判明した.1型糖尿病へ転じた,あるいは2型に1型糖尿病が加わったものと考えられる症例と診断した.

収録刊行物

  • 糖尿病 = Journal of the Japan Diabetes Society  

    糖尿病 = Journal of the Japan Diabetes Society 51(2), 117-120, 2008-02-29 

    THE JAPAN DIABETES SOCIETY

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021274820
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00166576
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0021437X
  • NDL 記事登録ID
    9494334
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-401
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ