CSIIにより良好な血糖コントロールを得た膵全摘後の膵性糖尿病の1例 Improved Glycemic Control in a Pancreatic Diabetic Patient after Total Pancreatectomy with CSII

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は47歳,男性.膵嚢胞性腫瘍の精査中に急変し緊急に膵全摘術が施行された.術後,就寝前に中間型インスリンを用いたインスリン頻回注射療法(multiple daily injection: MDI)を開始したが深夜に低血糖発作が頻発したため,インスリン持続皮下注入療法(continuous subcutaneous insulin infusion: CSII)を導入した.導入後,深夜の低血糖発作は消失したが,このときの基礎注入(Basal)は0時から7時まで0.1 U/hと極めて少量であった.また追加注入(Bolus)については,カーボカウンティングに基づくMeal Bolus, 随時の高血糖に対するCorrection Bolusを的確に行うことにより1日を通じて血糖値が安定した.CSII導入1年後においてもHbA<sub>1</sub>cは5.8%未満であり,血糖値の日内変動の指標であるM値も良好な値を維持している.CSIIは血糖変動の激しい膵性糖尿病にとって有用なツールになりうると考えた.

収録刊行物

  • 糖尿病 = Journal of the Japan Diabetes Society  

    糖尿病 = Journal of the Japan Diabetes Society 51(2), 121-124, 2008-02-29 

    THE JAPAN DIABETES SOCIETY

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021274830
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00166576
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0021437X
  • NDL 記事登録ID
    9494351
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-401
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ