糖尿病の2007年問題 : 河内長野市における糖尿病患者の動向と対策 Increasing Numbers of Diabetics in their Sixties an Urgent Problem in Kawachinagano since 2007

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

河内長野市は,第2次,第3次産業就業者が96.9%を占める大阪南部のベッドタウンである.市内から当院への最長通院距離は約12 kmであるため,おおよそ半分である5 km内外で分けられる2群の患者の年齢分布と平均HbA<sub>1</sub>cは,統計学的に有意差がない.この条件下では糖尿病患者は市内から均等に受診していると考えられる.当院の患者は平均年齢60歳半ばであり,55∼64歳で男女とも来院患者が急増する.男女とも平均HbA<sub>1</sub>cは年齢とともに改善している.年間受診6回までの患者群が96.3%を占め,これらの群の平均HbA<sub>1</sub>cは7%以下で良好であった.2007年以降当院では団塊世代の患者受診急増が予想されるが,糖尿病進行防止のため,大多数であるコントロールが安定した患者を対象に,かかりつけ医との共観システムを開始した.当方法は普遍的に糖尿病診療に寄与するためのモデルとなると思われる.

Diabetic patients living in Kawachinagano City in southern Osaka Prefecture average in their mid-60s and 96.9% work for secondary and ternary industries. Those living within and beyond 5 km range from our hospital are statistically similar in age and HbA<sub>1</sub>c. The number of those aged 55 to 64 is increasing rapidly, while mean HbA<sub>1</sub>c of total patients decrease with age for both genders. Those visiting our outpatient clinic fewer than six times a year are 96.3% of total patients, and their mean HbA<sub>1</sub>c were less than 7%. Those in their 60s with stable diabetic control increased rapidly in number since 2007.

収録刊行物

  • 糖尿病 = Journal of the Japan Diabetes Society  

    糖尿病 = Journal of the Japan Diabetes Society 51(4), 303-308, 2008-04-30 

    THE JAPAN DIABETES SOCIETY

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021275031
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00166576
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0021437X
  • NDL 記事登録ID
    9512539
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-401
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ