酵母菌由来インスリンおよびインスリンアナログ製剤治療開始後に肝障害をきたした2型糖尿病の1例 A Type 2 Diabetic Patient with Liver Dysfunction due to Human Insulin and Analogue Insulin Biosynthesized by Yeast

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は46歳女性,43歳時に糖尿病と診断され経口糖尿病薬を開始された.その後,自己判断で治療中断した.46歳時に糖尿病ケトーシスと診断され,当院入院となった.ペンフィル<sup>®</sup>R注とペンフィル<sup>®</sup>N注による治療を開始したところ,肝障害が出現した.インスリンアナログ製剤のノボラピッド<sup>®</sup>注とランタス注オプチクリック<sup>®</sup>に変更したところ,肝機能はさらに悪化した.このためグリベンクラミドの内服療法に変更した.この結果,肝機能は改善した.しかし,血糖コントロールは不良となったため,大腸菌由来インスリン製剤であるヒューマカート<sup>®</sup>R注とヒューマカート<sup>®</sup>N注による治療に切り替えて治療を行った.その後は,血糖値は良好にコントロールされ,肝機能の悪化も認められなかった.薬剤によるリンパ球刺激試験(DLST)では,酵母菌由来インスリンおよびインスリンアナログ製剤で陽性,大腸菌由来インスリンおよびインスリンアナログ製剤では陰性であった.以上より,酵母菌由来の製剤が肝障害の原因であると診断した.

収録刊行物

  • 糖尿病 = Journal of the Japan Diabetes Society  

    糖尿病 = Journal of the Japan Diabetes Society 51(4), 319-322, 2008-04-30 

    THE JAPAN DIABETES SOCIETY

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021275065
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00166576
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0021437X
  • NDL 記事登録ID
    9512633
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-401
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ