超速効型インスリンアナログの大量注射により血糖降下作用が遷延した2型糖尿病の1例 Prolonged Hypoglycemia after an Insulin Lispro Overdose by a Patient with Type 2 Diabetes Mellitus

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

症例は19歳女性.2型糖尿病に対し近医にて通院加療中,自殺企図にてインスリンリスプ口約300単位を9箇所に分けて皮下注射し,約1時間40分後に母親に連れられて当院救急外来を受診した.来院まで糖分の入ったジュース(ショ糖約30 g)摂取あり.来院時,意識清明,血糖値60 mg/d<i>l</i>, このときのIRI 3,365 μU/m<i>l</i>であった.適宜血糖値を測定しつつ,経静脈的にブドウ糖投与を行った.血糖降下は少なくとも約12時間持続し,総ブドウ糖投与量は260 gであった.経過中,特に重篤な合併症は認めなかった.自殺企図によるインスリン大量注射の報告は近年わが国でも散見されるが,超速効型インスリンアナログを使用した症例は稀である.超速効型インスリンアナログの普及に伴い,今後このような症例が増加してくる可能性があり,治療に際しては,超速効型インスリンアナログであっても血糖降下作用が遷延する事を考慮すべきである.

A 19-year-old woman being treated for type 2 diabetes mellitus attempted suicide on February 7, 2006 by subcutaneously injecting herself with approximately 300 U of insulin lispro. After the overdose, she drank juice cantaining sugar till she arrived at the hospital. On arrival her serum glucose level was 60 mg/d<i>l</i>, and her IRI level was 3,365 μU/m<i>l</i>. Intravenous dextrose administration was required for about 12 hours to maintain the blood glucose concentration normal range. She was discharged without sequelae the next day.

収録刊行物

  • 糖尿病 = Journal of the Japan Diabetes Society  

    糖尿病 = Journal of the Japan Diabetes Society 51(4), 329-333, 2008-04-30 

    THE JAPAN DIABETES SOCIETY

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021275096
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00166576
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0021437X
  • NDL 記事登録ID
    9512666
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-401
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ