膵・胆管合流異常における胆管嚢腫状拡張に関する発生学的一考察 A developmental study of cystic biliary dilatation of Pancreaticobiliary maljunction based on three cases with cystic dilatation of choledochus and cystic duct but hepatic duct

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 大井 至 OI Itaru
    • 東京女子医科大学消化器内視鏡科 Department of Endoscopy, Tokyo Women's Medical University
    • 西野 隆義 NISHINO Takayoshi
    • 東京女子医科大学消化器内科 Department of Medicine, Institute of Gastroenterology, School of Medicine, Tokyo Women's Medical University

抄録

膵・胆管合流異常においては,胆道拡張を伴わないものと胆道の嚢腫状拡張を伴うものがある.そして,胆道が嚢腫状に拡張することが,先天性胆道拡張症として基本的な病態と理解されているが,胆道が嚢腫状に拡張する機序は不明である.今回,胆道の嚢腫状拡張の発生機序を推測せしめる,総肝管には嚢腫状拡張がなく,総胆管と胆嚢管にのみ嚢腫状拡張を呈した膵・胆管合流異常を3例経験したので,総肝管の発生と胆道の嚢腫状拡張の発生学的考察を行った.そして,総肝管の形成には,肝憩室細胞が主に関与している場合と肝原基の原肝細胞の未分化胆管細胞が主に関与している場合があり,膵・胆管合流異常における胆道の嚢腫状拡張は,胎生時の肝憩室細胞にのみ生じ,原肝細胞から形成された胆管には生じないと推測された.また,この肝憩室細胞から形成される胆管の嚢腫状拡張には,胆道のRecannalizationが大きく関与していると考えられた.

Pancreaticobiliary maljunction is divided in two groups, with cystic dilatation of biliary duct and without cystic dilatation. Cystic dilatation of biliary duct is fundamental as congenital biliary dilatation, but its pathogenesis is not clear. We experienced three cases with cystic dilatation of choledochus and cystic duct but common hepatic duct on pancreaticobiliary maljunction, which conjectured developmental pathogenesis of cystic dilatation of biliary duct.<BR>According to analysis of these cases, we guess as follows: Common hepatic duct is formed by cells of hepatic diverticulum or by unmatured biliary cells of hepatic primordium. Cystic dilatation of biliary duct of pancreaticobiliary maljunction is occurred only in the duct formed by hepatic diverticulum. Recannalization of biliary duct take part in cystic dilatation of biliary duct.

収録刊行物

  • 胆道 = Journal of Japan Biliary Association  

    胆道 = Journal of Japan Biliary Association 21(1), 39-44, 2007-03-31 

    日本胆道学会

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021275925
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10062001
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09140077
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ