肝門部の外科解剖

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

肝門部では動脈と胆管の走行にバリエーションが多い.動脈枝の多くは肝門部では胆管と並走せず,肝内に移行する部位で門脈と胆管の間に入り込む.肝門に現れる胆管は左右肝管とは限らず,亜区域枝やその共通管が肝門まで到達することもまれではない.右肝管後枝の10%は門脈右枝尾側を走行して右肝管や総肝管に合流する.

収録刊行物

  • 胆道 = Journal of Japan Biliary Association  

    胆道 = Journal of Japan Biliary Association 21(1), 91-96, 2007-03-31 

    日本胆道学会

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021276081
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10062001
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09140077
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ