肝門部胆管癌の非手術的治療 Biliary stenting and anti-cancer therapy for unresectable hilar bile duct carcinomas

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

肝門部胆管癌に対する非手術的治療として, 胆道ドレナージ術と抗腫瘍療法について概説した.内瘻術では,メタリックステント(MS)が開存率に優れ,さらにチューブステント(TS)では内瘻化が困難であった肝門部・肝内胆管閉塞にも応用され,患者のQOLの向上に大きく貢献してきた.MSの開存期間は抗腫瘍療法を施行することで延長されるため,内腔の局所制御を目的に放射線治療をはじめとした抗腫瘍療法が多くの施設で併用されるようになった.しかし,抗腫瘍療法により長期生存例が経験されるようになると,今度はMSによる後期合併症が問題となってきており,その適応に変化が見られるようになった.さらに併用療法の内容は化学療法の発達などにより変遷してきている.今後,抗腫瘍療法,ドレナージ法個々の確立と同時に,抗腫瘍療法に応じた最適な胆道ステンティングの組み合わせを検討する必要がある.

At present, although imaging diagnosis has been developed, most hilar bile duct cancer is still diagnosed at an advanced stage and its prognosis is generally poor. In hilar bile duct cancer, radiotherapy and other several therapies, for example-chemotherapy, arterial-infusion chemotherapy, photodynamic therapy, etc-are being performed for non-operative cases. But standard therapies for this cancer has not been established yet.<BR>On the other hand, metallic stents (MS) have been widely used to relieve biliary obstructions as an alternative to plastic prostheses and conventional drainage. The use of MS offers good palliation in hilar bile duct cancer, but patients selection is a key to obtain good results.<BR>In this article we reviewed previous studies and clinical trials regarding the anti-cancer therapy and biliary stenting for unresectable hilar bile duct cancer. And optimal therapeutic strategy for hilar bile duct cancer is proposed, primarily based on present views.

収録刊行物

  • 胆道 = Journal of Japan Biliary Association  

    胆道 = Journal of Japan Biliary Association 21(5), 692-701, 2007-12-31 

    日本胆道学会

参考文献:  44件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021276344
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10062001
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09140077
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ