肝門部胆管癌の総括 Hilar cholangiocarcinoma-overview

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

肝門部胆管を含めた肝の区域・亜区域の局所解剖の研究は1950年代に欧米で始まったが,その臨床的外科的局所解剖の研究の発展は日本の臨床家に負うところが大きい.肝門部胆管癌の診断体系はMDCTの登場により大きく変貌した.ステージングおよび手術法の立案はMDCTだけでも十分可能であるといっても過言ではない. 肝外胆管切除, 尾状葉切除を伴う肝切除が標準的な手術法になりつつあるが,黄疸肝の手術前治療のうちでは内視鏡的ドレナージか経皮経肝的ドレナージかの選択,減黄後の肝切除の時期,門脈塞栓術後の手術時期など,今後も明らかにしなければならない問題も多い.手術適応に関しても施設毎に基準が異なっていることも事実である.外科的切除が唯一の根治療法であることは周知の事実であるので,容易に非手術療法を選択するのではなく,あくまで切除の可能性を追求した後に切除不能の要因を明らかにし, セカンドオピニオンも十分に聞いた上で非切除療法の適応を再検討する必要があろう.外科的切除に伴う補助療法の有効性については未だ十分な臨床研究がされていないので,今後エビデンスレベルの高い研究成果を創出することが期待される.

Local anatomy of the hepatic hilus and surgical anatomy of the hepatic segments and subsegments have been studied by Western surgeons, however clinical and surgical anatomy was further studied by Japanese clinician.<BR>Recent development of MDCT changed a diagnostic work-up system and provides much useful information about the stage of the disease and suggested surgical procedures. However, there have been several unresolved questions: endoscopic or percutaneous biliary drainage? timing of cholestatic liver resection after portal vein embolization? which should be clarified in the near future. Indication of surgical resection has not been standardized and each institution has its own criteria which should be standardized and established in the near future as surgical resection is the only treatment of choice to cure the patients. Therefore indication of nonsurgical treatment should be reevaluated after careful investigation of the stage of the disease not to lose a change of cure.<BR>Further clinical studies are required to establish adjuvant treatments to provide high level of evidences.

収録刊行物

  • 胆道 = Journal of Japan Biliary Association  

    胆道 = Journal of Japan Biliary Association 21(5), 702-708, 2007-12-31 

    日本胆道学会

参考文献:  83件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021276389
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10062001
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09140077
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ