化学修飾剤による普及型放射線治療法の高度化 : 腫瘍増感・正常組織防護型治療法 CHEMICAL MODIFICATION OF CONVENTIONAL CANCER RADIOTHERAPY : TUMOR SENSITIZATION COMBINED WITH NORMAL TISSUE PROTECTION

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

京都大学グループが1986年に開発したニトロトリアゾール系放射線増感剤〔サナゾール,AK-2123,N-(2'-methoxyethyl)-2-(3''-nitro-1''-triazolyl)acetamide〕の正常および腫瘍細胞に対する毒性,低酸素 細胞の放射線増感活性などに関する 7 カ国18グループの基礎研究と各種癌の放射線治療に関する12ケ国30グループの臨床研究によって,その安全性と 放射線増感効果などが報告された.また,京都大学グループが1995年に開発したビタミン配糖体の放射線による正常組織損傷の防護作用に関する 4 カ国 4 グループの基礎研究と 2 カ国 2 グループの臨床研究が行われ,正常組織の防護効果が報告された.これらの 2 種類の研究を組み合わせた治療法は,正常組織を防護しつつ,腫瘍の治療効果を増感する新しい放射線治療法である.

Nitrotriazole radiosensitizer, Sanazole (AK-2123, N-(2'-methoxyethyl)-2-(3''-nitro-1''-triazolyl)acetamide) developed by Kyoto University group was studied by 18 groups of 7 countries on fundamental aspects and clinical studies by 30 groups of 12 countries, and reported its effects on tumor sensitization of conventional cancer radiotherapy. On the other hand, the glucosides of vitamin C (Ascorbic acid glucoside, (AsAG) and water soluble derivative of vitamin-E (a-tocopherol glucoside, TMG) developed by Kyoto University group were studied fundamentally by 4 groups of 4 countries and clinically by 2 groups of 2 countries, and reported their effects on normal tissue protection in cancer treatments. These two studies of tumor sensitization and normal tissue protection were proposed as an advanced strategy of conventional cancer radiotherapy.

収録刊行物

  • The Journal of JASTRO = 日本放射線腫瘍学会誌  

    The Journal of JASTRO = 日本放射線腫瘍学会誌 18(3), 117-124, 2006-09-25 

    Japanese Society for Therapeutic Radiology and Oncology

参考文献:  76件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021282186
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10123988
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    10409564
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ