CyberKnife II における治療中の頭部回転に起因する照射誤差の検討 STUDY OF IRRADIATION ERROR WITH THE CYBERKNIFE II DUE TO HEAD ROTATION DURING TREATMENT

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 井上 光広 INOUE Mitsuhiro
    • 医療法人社団新緑会横浜サイバーナイフセンター放射線治療管理部 Division of Quality Management with Radiotherapy, Yokohama CyberKnife Center
    • 佐藤 健吾 SATO Kengo
    • 医療法人社団新緑会横浜サイバーナイフセンター脳神経外科 Department of Neurosurgery, Yokohama CyberKnife Center
    • 小池 泉 KOIKE Izumi
    • 横浜市立大学附属病院放射線科 Department of Radiology, Yokohama City University Hospital

抄録

【目的】CyberKnife IIは独創的な技術により,フレームレスでの定位放射線照射を可能にし,良好な治療結果を収めている.フレームレスを可能としたTLSは患者位置認識を行い,患者が動いた場合でも照射目標を追尾し,照射するシステムである.現在のバージョンでは,認識は 6D(頭尾・左右・前後の平行移動に加え,各軸に対する回転も考慮),補正は 3D(頭尾・左右・前後の平行移動)で行っている.すなわち,患者頭部の回転に対しての補正は行われていない.この場合,TLS座標系のアイソセンタより離れた腫瘍では,患者頭部の回転により照射位置がずれることになる.そのため頭部の回転に関しては閾値を設定し,閾値を超えた場合は装置が自動停止し,オペレータによって手動で角度補正される.この回転に対する閾値は各施設によって設定可能である.そこで,この回転に対する閾値内で生じる可能性のある照射誤差の検討を行ったので報告する.【方法】当院で治療が行われた50例のデータよりTLS座標系のアイソセンタから腫瘍までの距離を求めた.それをもとに頭部がすべての軸で0.5~5.0度回転した際の腫瘍の最大変位量を計算で求めた.また,頭部がすべての軸で0.5,1.0,2.0度回転した状態を擬似的に治療計画装置上に再現し,線量・線量分布の誤差を求めた.【結果】TLS座標系のアイソセンタから腫瘍までの距離は中央値で46 mm,最大で123 mmであった.TLS座標系のアイソセンタから46 mm離れた腫瘍の場合は0.5度で0.7 mm,1.0度で1.4 mm,2.0度で2.8 mm,3.0度で4.2 mm,4.0度で5.6 mm,5.0度で7.0 mmの腫瘍の変位があった.アイソセンタから123 mm離れた腫瘍の場合は0.5度で1.8 mm,1.0度で3.7mm,2.0度で7.4 mm,3.0度で11.0 mm,4.0度で14.7 mm,5.0度で18.4 mmの腫瘍の変位があった.線量・線量分布の誤差についてTLS座標系のアイソセンタから46 mm離れた腫瘍に対して,0.5度回転した場合は線量比で15%前後, 1.0度の回転で35%前後,2.0度の回転で70%前後の線量誤差が存在した.【結語】腫瘍位置・頭部の回転によっては照射誤差が大きくなることをよく理解し,頭部回転に対する閾値の設定,治療開始時のセットアップを慎重に行うことで精度の高い安全な治療が実現されるものと考える.

Purpose: CyberKnife II (CK) enables stereotactic radiation therapy with frameless by a unique technology, and achieves an excellent treatment result. CK can recognize with 6D but correct with 3D on the treatment. Therefore CK users make threshold value of rotation with head, and CK will stop automatically when patient move over the threshold value. This study evaluates the irradiation error due to this threshold value. Methods: The tumor distances from TLS's center were analyzed in 50 patients treated our center. To calculate the displacement distance of the tumor as head rotated based on the data. To re-create of rotating patient condition on the TPS and we evaluated the radiation dose and distribution. Results: The more distance from TLS's center the tumor has, the more displacement the tumor has. The model rotating 0.7 degree and translating (total movement was less than 1 mm) were almost similar, and they had over 20% dose error in the maximum. The dose error were over 30% with rotating 1.0 degree and over 70% with rotating 2.0 degree in the maximum. Conclusion: CK users should understand that the irradiation error increases according to the head rotation. Therefore we need to pay attention to decide the threshold value of the head rotation.

収録刊行物

  • The Journal of JASTRO = 日本放射線腫瘍学会誌  

    The Journal of JASTRO = 日本放射線腫瘍学会誌 18(3), 125-133, 2006-09-25 

    Japanese Society for Therapeutic Radiology and Oncology

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021282263
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10123988
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    10409564
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ