外耳道癌の放射線治療 EVALUATION OF THE RESULT OF RADIOTHERAPY FOR EXTERNAL AUDITORY MEATUS CARCINOMA

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

【目的】当院における外耳道癌の患者 6 人の放射線治療成績を検討する.<br>【対象と方法】対象は当院で平成 9 年 3 月~平成13年 7 月の間に放射線治療を行った外耳道扁平上皮癌の患者 6 人(男性 3 人,女性 3 人).表在型が 4 例,深在型が 2 例であった.表在型の 1 例は切除後残存病変に根治照射し,表在型の 3 例と深在型の 1 例は放射線治療単独による根治照射をした.深在型の 1 例は化学療法と放射線治療の併用療法を施行した.総放射線量は60~69.6 Gyであった.この 6 例について治療後の治療効果および再発の有無を調べた.<br>【結果】全例生存しており,放射線治療後の生存期間は 2 年 8 ヵ月~5 年 9 ヵ月であった.1 例は転機不明である.放射線治療にて 3 例が無病生存している.<br>【結論】外耳道癌はまれな疾患であり,一般的に予後が悪いといわれている.外耳道癌の治療の主体は手術であるが,進行例が多く,手術困難な例も多い.外耳道癌の放射線治療単独での報告は症例も少なく,ばらつきがある.今回われわれは,斜入角 2 門または 3 門照射により好結果を得た.比較的表面に近い部位にある腫瘤のコントロールに放射線治療は有効であると思われる.

Purpose: To evaluate the significance of radiotherapy for carcinoma involving the external auditory canal, the data of six patients were studied. Materials and Methods: Six patients who received radiotherapy with squamous cell carcinomas in external auditory meatus were investigated. One patient was treated by radiotherapy following incomplete resection, one patient was treated by chemo-radiotherapy and four patients were treated only by radiotherapy. Total radiation dose was between 60 Gy and 69.6 Gy.<br>Results: The post-treatment survival period of five patients ranged from 2 years and 8 months to 5 years and 9months, but it was unclear for one patient. Three patients can get complete remission only by radiotherapy.<br>Conclusion: The prognosis of patients with advanced cancer involving the external auditory canal is generally poor. In our cases, relatively superficial cancer revealed good results comparing with the results in other literatures. Radiotherapy was considered to be effective for the cancer located relatively in the superficial region.

収録刊行物

  • The Journal of JASTRO = 日本放射線腫瘍学会誌  

    The Journal of JASTRO = 日本放射線腫瘍学会誌 18(3), 147-151, 2006-09-25 

    Japanese Society for Therapeutic Radiology and Oncology

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021282328
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10123988
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    10409564
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ