頭頸部癌に対する強度変調放射線治療 : 2方向X線透視による位置補正法の応用 INTENSITY-MODULATED RADIATION THERAPY (IMRT) FOR HEAD AND NECK REGION

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

【背景】強度変調放射線治療(IMRT)は標的体積の三次元形状に合わせて線量集中度を高めることが可能である.頭頸部領域においては耳下腺線量低減を主目的としてIMRTが行われている.一般的にIMRTでは治療時間が長いこと,および線量勾配が照射野内に存在することより,従来の放射線治療と比較し,より精度の高いセットアップが必要とされる.<br>【目的】われわれの施設で開発した動体追跡放射線治療装置の 2 方向X線透視を頭頸部癌に対するIMRTのセットアップに用い,その安全性を検証する.<br>【対象・方法】2002年 5 月から2004年10月まで当院でIMRTを施行した 9 例.PTV-marginは 3 mmで治療を行った.口腔内乾燥症はVAS(visual analogue scale)を用い自覚症状で評価した.<br【結果】全ての患者が治療を完遂した.観察期間の中央値17カ月で,全ての患者が局所再発および遠隔転移なく生存している.治療前,治療開始後 1~4カ月,5~8カ月,9~12月および13カ月以降のVAS平均値は 9.6mm,51.4mm,55.1mm,39.7mm,47.9 mmであった. 唾液腺機能温存を目的としたIMRTの安全性が確認された.

Intensity-modulated radiation therapy (IMRT) can produce highly conformal dose distributions. In head and neck region, IMRT has been used for the purpose of reduction parotid glands dose. Generally accepted, more precise set-up and careful observation are needed for IMRT than those of conventional RT, because it takes longer treatment time for IMRT and its dose gradient spreads within field. Our institute has developed real-time tumor-tracking (RTRT) systems and it realizes precise set-up and observation during treatment. We have used IMRT with RTRT system for head and neck region for 9 patients with 3-mm as the planning target volume margin. Salivary glands function was evaluated by subjective symptoms using visual analogue scale (VAS). After median follow-up of 17 months, all patients were alive without local relapse and distant metastasis. The mean VAS score of each periods were 9.6, 51.4, 55.1, 39.7and 47.9 mm at pre-treatment, 1-4 months, 5-8 months, 9-12 months, and 13 months or more after the radiotherapy respectively. IMRT with RTRT set-up system was shown to be feasible.

収録刊行物

  • The Journal of JASTRO = 日本放射線腫瘍学会誌  

    The Journal of JASTRO = 日本放射線腫瘍学会誌 18(4), 191-197, 2006-12-25 

    Japanese Society for Therapeutic Radiology and Oncology

参考文献:  21件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021282361
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10123988
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    10409564
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ