頭頸部 IMRT(Intensity Modulated Radiation Therapy) における経時的な頭頸部領域体積の変化と線量分布への影響 CHANGES IN REGIONAL BODY VOLUME AND GROSS TUMOR VOLUME AFFECT DOSE DISTRIBUTION DURING IMRT FOR HEAD AND NECK CANCER

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

【目的】頭頸部IMRTにおいて,治療期間中に起きる頭頸部の領域体積や腫瘍サイズの縮小により線量分布が変化すると考えられるため,腫瘍や危険臓器に対する線量分布の変化について検討する.<br>【方法】経時的な変化を検討するため,当院で頭頸部癌のIMRTを行った10症例について,治療開始時(0 Gy)と40 Gy時期で比較する.比較の方法は,0 Gy時のCTシミュレーション(CT-0 Gy)と同じように40 Gy時(CT-40 Gy)でも撮影を行い,その画像を計画装置に取り込んで,0 Gy時と同一アイソセンタをCT-40 Gy画像に設定して0 Gy時の計画内容をすべて移し込み再計算する.検討項目は,頭頸部の領域体積,腫瘍(GTV)サイズ,深さを表す皮膚面とアイソセンタ間距離,体重の変化,GTVの95%体積の線量であるD95とconformity index(C.I)およびuniformity index(U.I),危険臓器は,両側耳下腺の体積,耳下腺体積50 %の線量(D50),脊髄腔の最高線量および脊髄腔体積 5%線量(D5)の変化を計画装置のDose-Volume Histogram(DVH)で計算して求める.<br>【結果および考察】頭頸部の領域体積の縮小率は,すべての症例において 0 Gy時と比較して40 Gy時で3.8%から9.2%,平均5.7%であった.GTVも同様に全症例縮小し最大32%の縮小率であった.体重も全症例同じ傾向で,3.0~11.0%,平均7.6%の減少となった.治療が進むにつれ頭頸部の領域体積および体重の減少がみられたが,両者にスピアマンの順位相関係数による無相関の検定では互いに相関関係はみられなかった.GTVの縮小によりC.Iは上昇したが,U.I,D95に変化は見られなかった.耳下腺体積は放射線の影響から減少傾向にあるが,耳下腺の50%体積の線量であるD50に変化はなかった.脊髄腔最大線量は,0 Gy時と比べて40 Gy時では全症例において有意に(p=0.0013)増加し最大28.0%,平均12.0%の増加があったがD5にほとんど変化はなかった.治療期間中に頭頸部の領域体積や腫瘍の縮小がみられ,線量分布が変化した.頭頸部IMRTにおいて日々変化する可能性がある線量分布によって危険臓器の副作用を引き起こさないように,40 Gy 程度に一度はCT シミュレーションを行い,線量分布の変化を確認しなければならない.

Purpose: Many patients experience tumor shrinkage and/or weight loss during the course of radiotherapy. Our aim is to evaluate the dosimetric changes in tumors and organs at risk (OAR) during the course of intensity-modulated radiation therapy (IMRT) for head and neck (H & N) cancer.<br>Method and materials: We compared the volume and dose parameters at the dose of 0 Gy and 40Gy in ten patients. By using a commercial inverse IMRT planning system, the 0 Gy IMRT plan for each patient was generated based on the original planning CT scan acquired before the start of treatment. The 40 Gy IMRT plan was generated by applying the beam configurations of the 0 Gy IMRT plan to the anatomy of the CT scan obtained at the doses of 40 Gy. The dose-volume histograms of the 0 Gy and 40 Gy IMRT plans were compared.<br>Results and Discussion: All patients had locally advanced, nonmetastatic diseases including 3 cervical esophagus, 3 oropharynx, 2 epipharynx and 2 unknown primary site. The regional body volume and body weight decreased in all patients. Gross tumor volume (GTV) decreased by 32% at most. Conformity index (C.I.) increased with decrease of GTV. Parotid gland volume decreased but the dose to 50% of the volume (D50) did not change. The maximum dose (Dmax.) to the spinal cord significantly increased in all patients (mean: 12%, p=0.0013). The 40 Gy IMRT plan is a hybrid plan without planning a new IMRT plan and should be generated several times during the course of IMRT for H & N cancer.

収録刊行物

  • The Journal of JASTRO = 日本放射線腫瘍学会誌  

    The Journal of JASTRO = 日本放射線腫瘍学会誌 18(4), 199-207, 2006-12-25 

    Japanese Society for Therapeutic Radiology and Oncology

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021282383
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10123988
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    10409564
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ