骨髄移植に伴う全身照射における補償フィルターの検証方法について VERIFICATION METHODS OF A COMPENSATION FILTER IN WHOLE BODY IRRADIATION WITH BONE MARROW TRANSPLANTATION

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

白血病の治療である骨髄移植の前処置として全身照射が施行されている.患者の体軸の線量を均一にすることは全身照射における前提条件である.体厚の相違が補償される必要がある.我々の施設では,補償方法として数種類の異なった厚さの鉛板で作成した鉛補償フィルターを利用している.この論文の目的は体軸中心での線量を全身照射中に測定することによって線量補償の精度を評価することである.使用した検出器は半導体表面線量計(DPD-510線量計)8 個であった.検出器を体軸上に固定するための検出器専用ホルダーは木製で自作した.専用ホルダーを用いることにより体軸上の 8 ケ所での吸収線量の測定が可能であった.患者の体軸上の 8 ケ所において,鉛補償フィルターの精度が全身照射施行前において可能であった.繰り返し測定することにより補償フィルター精度を上げることが可能であった.全身照射中に測定経過をモニター表示することが可能であった.吸収線量は処方線量と一致させることができた.本法は全身照射の精度の確認と線量分布の均一性の改善において有用である.

Total body irradiation (TBI) is performed before bone marrow transplantation (BMT) in case of leukemia. Uniform doses along the center of patients are essential in TBI. Differences of body thickness are compensated. In our facility, lead sheets of different thickness is used for compensator filters. Purpose of this paper are to evaluate the accuracy of our compensator system by means of checking doses along the center of the body during TBI. Eight semiconductor surface dosimeters (DPD-510 dosimeter) were used. A special holder was made of wood. An adsorbed dose in eight points along and over body was able to be measured. Compensator filters at various parts of patients' body were able to be checked before TBI. Repeated evaluation made the compensator filters perfect. A dose monitor was able to check in real time during TBI. An adsorbed dose coincided to a prescription dose. Our method is useful for improvement of accurate and homogenous dose distribution in TBI.

収録刊行物

  • The Journal of JASTRO = 日本放射線腫瘍学会誌  

    The Journal of JASTRO = 日本放射線腫瘍学会誌 18(4), 217-224, 2006-12-25 

    Japanese Society for Therapeutic Radiology and Oncology

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021282413
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10123988
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    10409564
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ