限局性前立腺癌に対する三次元原体照射法における至適照射体位に関する研究 A STUDY OF THE OPTIMAL TREATMENT POSITIONING IN THE TREATMENT OF PROSTATE CANCER WITH THREE-DIMENSIONAL CONFORMAL RADIOTHERAPY

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

限局性前立腺癌に対する外部照射では,隣接するリスク臓器(Orgon at risk;OAR)である直腸や膀胱の被曝線量を抑えつつ,臨床標的体積(clinical target volume:CTV)である前立腺,精mに対し,いかに高線量を投与することができるかがポイントとなる.これを実現させる技術的アプローチとして照射方法の工夫,イメージガイド下(image guided radiothrapy)での照射,腹臥位による照射などが提案されている.これらのうちで腹臥位照射の有効性に関しては議論のあるところであり,CTVと直腸の距離が離れる腹臥位が良いとする意見と照射位置精度が良好である仰臥位が良いとする意見の両論が存在しているのが実状である.そこで,本研究ではこの 2 つの観点を考慮に入れたうえで限局性前立腺癌に対する三次元原体照射法において照射体位の違いがOAR線量に及ぼす影響について三次元治療計画装置を用いてシミュレーションを行うことにより,至適照射体位を明らかにできないかと考え検討を試みた.その結果,照射位置精度の不確定要素を考慮して設定される計画標的体積(planning target volume;PTV)マージンを両体位において同一にして評価した場合,直腸線量の低減効果は腹臥位において有意に優れていたが,腹臥位のPTVマージンを 1 mm加算したものと比較するとすでに両者に有意差はなくなり,3 mm加算したものと比較すると逆に仰臥位が有意に優れるという結果が得られた.このことは腹臥位にすることで離れるCTVと直腸との距離は比較的小さく,腹臥位にすることで増す照射位置精度の不確定さを大きく凌駕するほどではないことを意味する.したがって腹臥位を採用する際,そのメリットを生かすためには照射位置精度を少なくとも仰臥位と同程度に保つ必要性があることが明らかとなった.どちらの照射体位が優位であるかを一元的に結論付けることはできないが,腹臥位での照射位置精度を高めることは決して容易ではないことから,マンパワー,マシンタイムに余裕がない本邦における多くの治療施設においては仰臥位を採用する方が現実的と言える.最終的にどちらの体位を選択するかはそれぞれの特徴を把握したうえで施設毎に判断していく必要があり,本研究はそれを判断する際の一助になるものと思われる.

During external irradiation for the prostate cancer, the doses those exceed the tolerance level of the adjacent rectum or bladder are often delivered. Therefore, efforts are made to reduce the volume of these organs within the high-dose region. For example, some have tried to reduce the rectal volume within the radiation fields by controlling the fullness of the rectum and bladder, optimizing beam arrangement, and placing the patient in prone position in the hope of anterior displacement of the prostate. However, the evidence favoring prone positioning is far from conclusive. Moreover, prone position may tend to be less reproducible, thereby impairing accurate dose delivery. Therefore, prone position should be required larger safety margin than supine position theoretically. We evaluated a group of 17 patients with localized prostate cancer who underwent planning for three-dimensional conformal radiotherapy (3D-CRT) in supine and prone positions taking geometric uncertainty into consideration. In the case of identical safety margin size for both treatment positions, prone position is associated with significant reduction of the dose to rectum in the high-dose region. However, adding more 1mm to safety margin size in the prone position, the significant reduction of the dose to rectum compared to the supine position does not observed. This indicates that the increased separation of the rectum and the prostate in the prone position might be offset by geometric uncertainty. Prone position of prostate cancer patients undergoing 3D-CRT, therefore, cannot be uncritically accepted as superior to supine position.

収録刊行物

  • The Journal of JASTRO = 日本放射線腫瘍学会誌  

    The Journal of JASTRO = 日本放射線腫瘍学会誌 18(4), 235-242, 2006-12-25 

    Japanese Society for Therapeutic Radiology and Oncology

参考文献:  22件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021282487
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10123988
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    10409564
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ