リンパ節転移陰性T2乳癌においてセンチネルリンパ節生検に基づく腋窩リンパ節郭清省略は可能か : 腋窩リンパ節郭清群との累積生存率の比較 Survival Outcomes Evaluated by Cumulative Survival Curve in Node-negative T2 Breast Cancer Patients are Equal between Sentinel Lymph Node Biopsy alone and Axillary Lymph Node Dissection

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 中嶋 啓雄 NAKAJIMA Hiroo
    • 京都府立医科大学大学院内分泌・乳腺外科学 Department of Endocrine and Breast Surgery, Kyoto Prefectural University of Medicine
    • 藤原 郁也 FUJIWARA Ikuya
    • 京都府立医科大学大学院内分泌・乳腺外科学 Department of Endocrine and Breast Surgery, Kyoto Prefectural University of Medicine
    • 阪口 晃一 SAKAGUCHI Koichi
    • 京都府立医科大学大学院内分泌・乳腺外科学 Department of Endocrine and Breast Surgery, Kyoto Prefectural University of Medicine
    • 水田 成彦 MIZUTA Naruhiko
    • 京都府立医科大学大学院内分泌・乳腺外科学 Department of Endocrine and Breast Surgery, Kyoto Prefectural University of Medicine
    • 鉢嶺 泰司 HACHIMINE Yasushi
    • 京都府立医科大学大学院内分泌・乳腺外科学 Department of Endocrine and Breast Surgery, Kyoto Prefectural University of Medicine
    • 市田 美保 ICHIDA Miho
    • 京都府立医科大学大学院内分泌・乳腺外科学 Department of Endocrine and Breast Surgery, Kyoto Prefectural University of Medicine

抄録

 背景:乳癌のセンチネルリンパ節生検(SLNB)は,腋窩リンパ節(ALN)転移診断法として広く普及している。T1症例では無病生存率(DFS)や全生存率(OS)への影響はないと報告されているが,T2症例では十分検討されていない。T2症例でのDFSとOSを検討した。<BR> 対象と方法:2000年1月~2007年3月までに,SLNBが可能であった546例のうち,術前T2浸潤性乳癌と診断し,SLNBで,ALN転移陰性(pN0)であった,SLNB-T2群:195例と,同時期に腋窩リンパ節郭清(ALND)でpN0であった,72例のうち,術前T2浸潤性乳癌と診断したALND-T2群:57例を比較対象とした。この両群の背景因子(年齢,閉経状況,腫瘍径,ホルモンレセプター,病理学的分類,補助療法の内容)と,上肢浮腫・知覚異常の合併症とDFS,OSについて解析した。<BR> 結果:各群間で背景因子に差はなかった。DFS(6年)は,SLNB-T2群:90.7%,ALND-T2群:83.1%と差はなかった。OS(6年)は,SLNB-T2群:99.4%,ALND-T2群:94.0%と差はなかった。術後合併症はSLNB群で有意に少なかった。<BR> 結論:T2症例でも,SLNBによりpN0と診断し,ALNDを省略しても予後は悪化せず,術後合併症は少なかった。SLNBはaxillary staging法として,安全で有用である。

収録刊行物

  • 日本外科系連合学会誌  

    日本外科系連合学会誌 33(1), 1-7, 2008-02-29 

    Japanese College of Surgeons

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021285940
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00002502
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03857883
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ