食道癌術後の難治性食道瘻に対する大胸筋皮弁の有用性 : 第二報, パッチグラフトおよび嚥下食の工夫 Pectoralis Major Myocutaneous Flap for Refractory Esophageal Fistula after Esophageal Cancer Operation : Some Device of Patch Graft and Foods for Dysphagia

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

 難治性食道瘻の一次縫合が困難であった2例に対して,大胸筋皮弁パッチグラフトによる瘻孔閉鎖術を施行した。皮島の血行を考慮し,皮島の周囲に多くの脂肪組織を付け,かつ表皮のみをトリミング(真皮は温存)し,最終的に瘻孔のサイズの1.5~2倍(0.5~1cm大き目)の大きさにして,瘻孔を閉鎖した。経口摂取は術後13日目から開始した。術後1カ月目の嚥下造影所見では,検査食通過時,吻合部が若干狭い印象であったが,通過障害は認められず,胃管への移送は良好であった。食事については,患者の誤嚥防止や吻合部への嚥下圧の負担を考慮した嚥下食を提供し,徐々に摂取量と食事形態をアップした。その結果2例とも誤嚥性肺炎や瘻孔の再発をきたすことなく,術後経過は良好であった。

収録刊行物

  • 日本外科系連合学会誌  

    日本外科系連合学会誌 33(1), 18-23, 2008-02-29 

    Japanese College of Surgeons

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021285978
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00002502
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03857883
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ