小切開・腹腔鏡補助下に胃部分切除を施行した胃上部(穹隆部) gastrointestinal stromal tumor (GIST) 3例の経験 Minilaparotomy and Laparoscopic-assisted Approach for Local Resection of the Gastrointestinal Stromal Tumor (GIST) of the Upper Third of the Stomach (Fornix) : Experience of Three Cases

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 石畝 亨 ISHIGURO Toru
    • 埼玉医科大学総合医療センター消化管・一般外科 Department of Digestive Tract and General Surgery, Saitama Medical Center, Saitama Medical University
    • 石橋 敬一郎 ISHIBASHI Keiichiro
    • 埼玉医科大学総合医療センター消化管・一般外科 Department of Digestive Tract and General Surgery, Saitama Medical Center, Saitama Medical University
    • 宮崎 達也 MIYAZAKI Tatsuya
    • 埼玉医科大学総合医療センター消化管・一般外科 Department of Digestive Tract and General Surgery, Saitama Medical Center, Saitama Medical University
    • 北岡 斎 KITAOKA Takashi
    • 埼玉医科大学総合医療センター消化管・一般外科 Department of Digestive Tract and General Surgery, Saitama Medical Center, Saitama Medical University
    • 崎元 雄彦 SAKIMOTO Takehiko
    • 埼玉医科大学総合医療センター消化管・一般外科 Department of Digestive Tract and General Surgery, Saitama Medical Center, Saitama Medical University
    • 石田 秀行 ISHIDA Hideyuki
    • 埼玉医科大学総合医療センター消化管・一般外科 Department of Digestive Tract and General Surgery, Saitama Medical Center, Saitama Medical University

抄録

 小切開・腹腔鏡補助下に胃部分切除を行った胃上部(穹隆部)gastrointestinal stromal tumor (GIST) の3例を経験したので,術式の要点と成績について報告する。患者背景:年齢58~77(平均67)歳,全例女性,body mass indexは20.7~26.2(平均23.2)kg/m<SUP>2</SUP>で,腫瘍径は40~50(平均45)mm,部位は体上部前壁1例,穹隆部大彎2例であった。手術手技の要点:約7cmの正中切開で開腹し,直視下で大網・胃結腸間膜を切離。左胃大網動静脈および短胃動静脈の処理はケント式吊り上げ鈎で視野を確保し,小切開創から挿入した腹腔鏡の補助下に,超音波凝固切開装置を用いて行った。腹部食道左側までの大彎側を十分に授動し,自動縫合器を用いて胃部分切除を行った。結果:手術時間は60~135(平均100)分,出血量は10~180(平均113)gで,術後合併症は認められなかった。術後18~29カ月経過した現在,再発の徴候を認めていない。本術式は標準的な腹腔鏡下手術に制限がある施設でも十分安全に施行しうる術式であると考えられた。

収録刊行物

  • 日本外科系連合学会誌  

    日本外科系連合学会誌 33(1), 30-34, 2008-02-29 

    Japanese College of Surgeons

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021286001
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00002502
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03857883
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ