3次元CT画像を用いた骨折線と反対側形状に基づく大腿骨近位部骨折に対する半自動骨折整復計画 CT-based semi-automated planning for proximal femoral fracture reduction using fracture lines and contralateral femur

この論文をさがす

著者

    • 岩崎 祐太 IWASAKI Y.
    • 立命館大学大学院理工学研究科 Ritsumeikan University Graduate School of Science and Engineering
    • 岡田 俊之 OKADA T.
    • 大阪大学大学院情報科学研究科 Osaka University Graduate School of Information Science and Technology
    • 陳 延偉 CHEN Y-W.
    • 立命館大学大学院理工学研究科 Ritsumeikan University Graduate School of Science and Engineering

収録刊行物

  • Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS  

    Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS 8(3), 216-217, 2006-12-30 

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021287211
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11908088
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    13449486
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ