双胎間輸血症候群の治療における胎盤表面のマッピング・システムの開発 : 能動輪郭抽出手法による内視鏡画像領域の自動取得 Development of Placenta Surface Mapping System for Treatment of Twin-To-Twin Transfusion Syndrome (TTTS) : Automatization of Capturing Endoscope Image Area using Active Contour

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS  

    Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS 8(3), 306-307, 2006-12-30 

参考文献:  2件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021287396
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11908088
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    13449486
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ