脊髄髄膜瘤の子宮内治療のための超弾性合金を組み合わせたリンクを用いたパッチ取付用多自由度屈曲マニピュレータの開発 Multi-DOFs Bending Manipulator using Super-elastic Parallel Link for Intrauterine Myelomeningocele repair

この論文をさがす

著者

    • 左 思洋 ZUO S.
    • 東京大学大学院情報理工学系研究科 Graduate School of Information Science and Technology, The University of Tokyo
    • 松宮 潔 MATSUMIYA K.
    • 東京大学大学院情報理工学系研究科 Graduate School of Information Science and Technology, The University of Tokyo
    • 正宗 賢 MASAMUNE K.
    • 東京大学大学院情報理工学系研究科 Graduate School of Information Science and Technology, The University of Tokyo
    • 山下 紘正 YAMASHITA H.
    • 国立成育医療センター特殊診療部 Department of Strategic Medicine, National Center for Child Health and Development
    • 千葉 敏雄 CHIBA T.
    • 国立成育医療センター特殊診療部 Department of Strategic Medicine, National Center for Child Health and Development
    • 土肥 健純 DOHI T.
    • 東京大学大学院情報理工学系研究科 Graduate School of Information Science and Technology, The University of Tokyo

収録刊行物

  • Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS  

    Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS 9(3), 192-193, 2007-12-30 

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021287818
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11908088
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    13449486
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ