冠動脈バイパス手術における血管吻合手技の定量化に向けた基礎検討 The basic study for quantification of anastomotic technique of coronary artery bypass grafting

この論文をさがす

著者

    • 沖 恵理子 OKI E.
    • 早稲田大学大学院理工学研究科 Faculty of Science and Engineering, Waseda University
    • 朴 栄光 PARK Y.
    • 早稲田大学大学院理工学研究科 Faculty of Science and Engineering, Waseda University
    • 東 隆 AZUMA T.
    • 東京女子医科大学 Department of Cardiovascular Surgery, Tokyo Women's Medical University
    • 大坪 真也 OHTSUBO S.
    • 早稲田大学先端科学・健康医療融合機構生命医療工学研究所 Institute for Biomedical Engineering, Consolidated Research Institute for Advanced Science and Medical Care, Waseda University
    • 梅津 光生 UMEZU M.
    • 早稲田大学大学院理工学研究科 Faculty of Science and Engineering, Waseda University

収録刊行物

  • Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS  

    Journal of Japan Society of Computer Aided Surgery : J.JSCAS 9(3), 250-251, 2007-12-30 

参考文献:  2件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021287920
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11908088
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    13449486
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ