柱状結晶型マンモ用輝尽性蛍光体カセッテ「CP 1 M200」の開発 Development of a Fiber Crystal Photostimulable Phosphor Cassette CP 1 M200 for Mammography

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

日本人女性の乳癌罹患率は,年々増加しており,その割合は20人に1人と言われ,今後も増え続けることが予想される。<br>乳癌は早期に発見し治療すれば,治る病気と言われている。マンモグラフィでは,触っても判りにくい早期の乳癌を発見することができ,早期乳癌のサインである癌細胞周辺の微細な石灰化や腫瘤影を鮮明に描写できる。マンモグラフィに要求される高品質画像を実現した「CP1M200」は,柱状結晶による高鮮鋭化技術/CsBr高X線吸収結晶による高画質化技術/高精細読み取り技術を集約したCR専用のマンモ専用カセッテである。今後,その高画質の有用性によりマンモ診断の一助となることを期待する。

収録刊行物

  • 日本乳癌検診学会誌 = Journal of Japan Association of Breast Cancer Screening  

    日本乳癌検診学会誌 = Journal of Japan Association of Breast Cancer Screening 17(2), 111-114, 2008-06-30 

    Japan Association of Breast Cancer Screening

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021288811
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10398771
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09180729
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ