デジタル乳房撮影装置SEPIO NUANCE DTについて Digital Mammography Unit SEPIO NUANCE DT

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本装置は直接変換型フラットパネルディテクタ(FPD)を搭載したデジタル乳房撮影装置である。FPDを搭載しているにもかかわらず,撮影装置本体の構成は設置スペースを考慮した1ユニット構成となっており,重量も191kgときわめて小型・軽量である。画像収集のワークステーションには3Mピクセルの高精細モニタを採用しており,撮影直後に高品位の画像で確認することができる。本装置のFPDの有効視野サイズは約17cm×24cmと小型で日本人に適したサイズとなっており,ポジショニングが容易となっている。乳房を圧迫した後,ワンタッチ操作で乳房を撮影装置側に引き込むことにより,胸壁部のブラインドエリアを極小化するMaxVison機構を搭載している。引き込みの微調整機構により,圧迫した状態でニップルの形状を整えることも可能である。撮像された画像は,各種の画像処理が施されてフィルム・スクリーン系に近い画質となり,従来と違和感なく診断していただける画像である。

収録刊行物

  • 日本乳癌検診学会誌 = Journal of Japan Association of Breast Cancer Screening  

    日本乳癌検診学会誌 = Journal of Japan Association of Breast Cancer Screening 17(2), 119-122, 2008-06-30 

    Japan Association of Breast Cancer Screening

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021288821
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10398771
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09180729
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ