東芝デジタルマンモグラフィ装置「MGU-1000D MAMMOREX^<TM> Pe・ru・ru^<TM> DIGITAL」の特長 The Feature of MGU-1000D MAMMOREX^<TM> Pe・ru・ru^<TM> Digital

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 宮城 理奈 MIYAGI Rina
    • 東芝メディカルシステムズ株式会社営業本部営業推進部 Toshiba Medical Systems Corporation Application Specialist, X-ray

抄録

当社は,新型デジタルマンモグラフィ装置「MGU-1000D MAMMOREX™ Pe・ru・ru™M(ペルル)DIGITAL」を開発,販売開始した。<br>本装置では,マンモグラフィ専用フラットパネルディテクタの採用により,高画質・高スループットを実現した。開発に当たっては,各担当の女性スタッフ大勢が関わり,受診者が乳癌検診に対して安心して前向きに取り組んでいただけることを配慮して,装置の形状や素材,デザインを一新した。マンモグラフィは,高度な撮影技術を要するデリケートな検査であることを念頭に置き,操作される方にも確実かつ安全に扱っていただけるよう,日本語で見やすい画面や人間工学の視点に基づいた操作スイッチを実現した。

収録刊行物

  • 日本乳癌検診学会誌 = Journal of Japan Association of Breast Cancer Screening  

    日本乳癌検診学会誌 = Journal of Japan Association of Breast Cancer Screening 17(2), 127-130, 2008-06-30 

    Japan Association of Breast Cancer Screening

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021288827
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10398771
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09180729
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ