マンモグラフィ認定更新制度の紹介 : 更新制度導入の目的と具体的な運用方法 Introduction of a Recertification System for Mammography Screening Authorization : Reasons for its Introduction, and Practical Methods for Recertification

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 森本 忠興 MORIMOTO Tadaoki
    • NPO法人マンモグラフィ検診精度管理中央委員会 NPO Central Committee for Quality Control of Mammography Screening
    • 遠藤 登喜子 ENDO Tokiko
    • NPO法人マンモグラフィ検診精度管理中央委員会 NPO Central Committee for Quality Control of Mammography Screening
    • 福田 護 FUKUDA Mamoru
    • NPO法人マンモグラフィ検診精度管理中央委員会 NPO Central Committee for Quality Control of Mammography Screening
    • 木村 千明 KIMURA Chiaki
    • NPO法人マンモグラフィ検診精度管理中央委員会 NPO Central Committee for Quality Control of Mammography Screening
    • 堀田 勝平 HORITA Katsuhei
    • NPO法人マンモグラフィ検診精度管理中央委員会 NPO Central Committee for Quality Control of Mammography Screening

抄録

マンモグラフィ検診精度管理中央委員会には,教育・研修委員会と施設画像評価委員会を設置して,関連6学会の協力のもとに検診の精度管理システムを確立するための活動を行ってきた。教育・研修委員会は,1999年3月より医師・技師に対して教育と研修を目的としたマンモグラフィ講習会を実施してきた。近年,精中委主催,他団体との共催により全国で年間50回を超える読影講習会,技術講習会が開催されている。2008年3月31日現在,マンモグラム読影医師12,051名,マンモグラフィ撮影放射線技師12,591名が講習会を受講している。<br>精中委では,昨年度よりマンモグラフィ検診の精度維持を目的にマンモグラフィ認定更新制度を導入した。そこで本稿では,更新制度導入の目的と読影部門と技術部門の具体的な講義内容について説明する。また,認定更新制度の期間,期限内に更新手続きを行っていない人への対応方法について説明する。これら更新制度の導入により継続教育が行われ,教育・研修システムが充実したと考える。今後も,精中委は精度の高い検診システムを社会に保障するため精力的に活動する予定である。

The Central Committee for Quality Control of Mammography Screening (CCQCMS) has established a Subcommittee for Education and Subcommittee for Imaging Unit Evaluation, and has carried out activities to establish quality control of breast cancer screening with the cooperation of six related societies. The Subcommittee for Education has been offering mammography training courses for doctors and technicians since March, 1999. Recently, more than 50 courses in mammogram reading and technical training have been carried out annually throughout Japan under the auspices of the CCQCMS and other societies. Up to March 31, 2008, 12,051 mammogram reading doctors and 12,591 mammography technicians had attended training courses.<br>The CCQCMS introduced a recertification system in 2007 in order to maintain a high quality of mammography screening. In this paper, we explain the purpose of introducing this recertification system and describe the practical lecture contents for mammogram reading and technical training. We also explain the practical aspects of recertification and how to cater for those who have not applied for recertification during the above period. By introducing the recertification system, we hope that education will be carried out continuously and that a practical system can be established. Hereafter the CCQCMS will actively provide a high-quality breast cancer screening system for the whole of Japan.

収録刊行物

  • 日本乳癌検診学会誌 = Journal of Japan Association of Breast Cancer Screening  

    日本乳癌検診学会誌 = Journal of Japan Association of Breast Cancer Screening 17(2), 131-138, 2008-06-30 

    Japan Association of Breast Cancer Screening

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021288828
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10398771
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09180729
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ