マンニトール点滴直後の表情運動改善 : 筋電図による検討 IMPROVED EMG ACTIVITY IMMEDIATELY AFTER INTRAVENOUS MANNITOL ADMINISTRATION : RELEASE FROM CONDUCTION BLOCKAGE DURING THE INITIAL STAGE OF INTRATEMPORAL FACIAL PALSY

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • Facial nerve research  

    Facial nerve research 26, 85-86, 2006-03-10 

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021290897
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10065203
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    0914790X
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ