赤外線カメラを用いた顔面神経麻痺後の病的共同運動の検討 : 自覚の有無について EVALUATION OF PATHOLOGICAL SYNKINESIS FOLLOWING FACIAL NERVE PALSY BY USING AN INFRARED CAMERA : THE PRESENCE (ABSENCE) OF SUBJECTIVE SYMPTOMS

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • Facial nerve research  

    Facial nerve research 27, 183-185, 2008-01-30 

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021291450
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10065203
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    0914790X
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ