頭頸部がん治療の進歩 : 頭頸部癌領域における放射線治療の最近の進歩

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

頭頸部癌の放射線治療は手術療法とならび重要な役割を担っている. 従来手術しか治療法がなかった局所進行癌に対しても, 化学療法の併用により放射線治療を主体とした侵襲のより少ない治療の適応が拡大すると思われる. 化学療法の併用方式としては, 同時併用・交替療法が投与方法として推奨される. 薬剤はCisplatin, 5-fluorouracil (5-FU) がkey drugであるが, 導入療法としてそれらにDocetaxicelを加えた組み合わせが標準となりつつある. その他にも新規抗癌剤や分子標的療法などの放射線治療との併用が現在精力的に研究されている. 現状では治療効果の改善には急性毒性の増強を余儀なくされており, 放射線治療技術の改良, 薬剤の開発などにより安全性, 忍容性を改善することが切望されている. 近年, Intensity modulated radiotherapy (IMRT) や粒子線治療, サイバーナイフに代表されるように放射線治療機器の進歩は著しい. 従来唾液腺にも腫瘍と同程度の線量がかかってしまい唾液腺障害が必発であったが, IMRTでは唾液腺に当たる線量を腫瘍部分の半分以下にすることが可能である. 粒子線は従来の放射線が効きにくい悪性黒色腫や肉腫, 腺様嚢胞癌などにも効果的とされている. これらをうまく活用することにより, 治療成績の改善への貢献が期待される.

収録刊行物

  • 日本耳鼻咽喉科學會會報  

    日本耳鼻咽喉科學會會報 110(11), 703-706, 2007-11-20 

    The Oto-Rhino-Laryngological Society of Japan, Inc.

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021293572
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191551
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00306622
  • NDL 記事登録ID
    9279392
  • NDL 雑誌分類
    ZS43(科学技術--医学--耳鼻咽喉科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-250
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ