中耳真珠腫診断におけるMRI拡散強調像の有用性 Value of Diffusion-weighted MR Imaging in the Detection of Middle Ear Cholesteatoma

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 長井 慎成 NAGAI Noriaki
    • 宮崎大学耳鼻咽喉・頭頸部外科 Department of Otolaryngology-Head and Neck Surgery, Miyazaki University School of Medicine
    • 東野 哲也 TONO Tetsuya
    • 宮崎大学耳鼻咽喉・頭頸部外科 Department of Otolaryngology-Head and Neck Surgery, Miyazaki University School of Medicine
    • 外山 勝浩 TOYAMA Katsuhiro
    • 宮崎大学耳鼻咽喉・頭頸部外科 Department of Otolaryngology-Head and Neck Surgery, Miyazaki University School of Medicine
    • 河野 浩万 KAWANO Hirokazu
    • 宮崎大学耳鼻咽喉・頭頸部外科 Department of Otolaryngology-Head and Neck Surgery, Miyazaki University School of Medicine

抄録

【はじめに】中耳真珠腫の画像診断にはCTが第一選択として用いられるが, 軟部陰影を質的に鑑別するためにはMRIが有用である. 当院では2002年よりMRI撮像に加え, 拡散強調法による撮像を用い真珠腫診断を行っている. これまでに当院にてMRI拡散強調画像で病態評価を行った中耳炎症例を用い, 本撮像法の有用性について検討したのでその結果を報告する.<br>【対象と方法】2002年10月から2006年7月に, 当院で拡散強調画像を加えた側頭骨MRI検査を行った56例を対象とした. 男性35名, 女性21名, 年齢は3歳~76歳で, 平均42.8歳であった.<br>【結果】真珠腫診断における拡散強調像の感度は85.4% (41/48), 特異度は100% (8/8), 陽性的中率は100% (41/41), 陰性的中率は53.3% (8/15) であった. 拡散強調像にて真珠腫を同定できた症例の画像におけるサイズは, 5mmから40mmであり, 4mmの先天性真珠腫は評価困難であった.<br>【考察】今回の検討から, 本撮像法の中耳真珠腫診断における有用性が確認された. 今後本撮像法の分解能が向上することにより, 中耳真珠腫診断におけるMRI検査の位置づけがさらに高まるものと期待される.

[Objective] This study was conducted to determine the clinical value of diffusion-weighted MR imaging (DWI) in detecting the presence of cholesteatoma.<br>[Subject and methods] Fifty-six patients (21 female and 35 male patients ; mean age, 43 years) who underwent middle ear surgery were referred to the radiology department for a preoperative DWI study.<br>[Results] DWI depicted 41 out of 48 cholesteatomas involving the middle ear cavity (sensitivity, 85.4%). Seven patients with middle ear cholesteatoma who showed negative DWI findings (false-negative cases) had limited keratin accumulation due to simple atelectasis or meticulous evacuation of keratin debris before the MRI study. No false-positive cases were found in this study (specificity, 100%). The positive predictive value and negative predictive value were 100% and 53.3%, respectively. The minimum size of middle ear cholesteatoma detected by the current MRI system was 5mm.<br>[Conclusion] Diffusion-weighted MR imaging was useful for the detection of middle ear cholesteatoma.

収録刊行物

  • 日本耳鼻咽喉科學會會報  

    日本耳鼻咽喉科學會會報 110(11), 707-712, 2007-11-20 

    The Oto-Rhino-Laryngological Society of Japan, Inc.

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021293585
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191551
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00306622
  • NDL 記事登録ID
    9279408
  • NDL 雑誌分類
    ZS43(科学技術--医学--耳鼻咽喉科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-250
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ