海外における口腔・咽頭境界領域診療の現状 Current status of diagnosis and treatment in the boundary area of the oral cavity and pharynx in foreign countries

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

欧米における歯科医の口腔癌に対する関わりを調査する目的で, 海外の耳鼻咽喉科頭頸部外科医に対して, 口腔癌の診療状況に関してアンケートを行った. その結果, 米国・カナダ・英国・韓国・オランダの5ヶ国計8名から回答を得られた. 米国の一部の州と韓国を除き, 歯科医が癌の手術治療を行っている国はなく, 行わない理由は歯科医が口腔癌の治療を行うことが法律で禁じられているからであった. また, 歯科医が化学療法を行っている国は無かった.

収録刊行物

  • 口腔・咽頭科 = Stomato-pharyngology  

    口腔・咽頭科 = Stomato-pharyngology 20(2), 219-223, 2008-03-31 

    日本口腔・咽頭科学会

参考文献:  2件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

ページトップへ