耳下腺腫瘍の局在が浅葉か深葉か術前に判定困難な場合 Management of salivary gland tumors with unknown localization

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

耳下腺良性腫瘍のほとんどは, 浅葉あるいは下極に存在し, 深葉腫瘍は少ない. 時に術前にその局在の判定が困難であったり, 術前の予想と反した結果であったりすることを経験する. 顔面神経主幹部の走行は, 腫瘍の大きさやその局在によって偏位する. 浅葉腫瘍の場合は主幹の走行が深くなり, 深葉腫瘍の場合は逆に浅めに走行し, また上下いずれかに偏位する. 術前診断にてそのすべての局在を判断することには限界がある. 術中にいかに安全に確実に顔面神経を同定できるかがポイントとなる. 著者らは最近, 頭側からアプローチし, 茎状突起を指標とし主幹部を同定している. さらに茎乳突孔により近い位置 (耳下腺に主幹部が入る部位あるいは耳下腺外) で同定することが, 腫瘍による影響も少なく速やかに主幹部を露出できる方法であると考える.

収録刊行物

  • 口腔・咽頭科 = Stomato-pharyngology  

    口腔・咽頭科 = Stomato-pharyngology 20(2), 237-243, 2008-03-31 

    日本口腔・咽頭科学会

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

ページトップへ