上腹部症状のメカニズムと病態 Effects of ageing and H. pylori infection on functional dyspepsia

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

耳鼻科領域の咽喉頭異常感症のように, 消化器内科領域でも, 明らかな病変は認めないが慢性的に腹部症状を訴える例が多く, 最近ではFunctional Dyspepsia (FD) として注目を集めている. また, 胸やけ症状を主体とする胃食道逆流症 (GERD) の中でも, 内視鏡所見のない非びらん性逆流症 (NERD) が新たな病態として重要度を増している. ここでは, 愁訴のみで明らかな病変のない病態について考察を深めたい.<BR>健康診断受診者の腹部症状の検討では, 頻度は女性に多く, 胸やけや喉頭違和感は加齢に伴い増加するが, 他の多くは逆に減少する. 加齢に伴う変化のメカニズムは不明だが, 感受性の問題は注目される. 腹部症状とH. pylori感染の関係は否定的な意見が多いが, 若い感染者に心窩部痛や胸やけの頻度が有意に高い.<BR>また, GERD症状の検討では, 全例の2/3がNERDであった. NERDは女性の頻度が高く, 低体重で, 食道裂口ヘルニアの頻度が低く, H. pyloriの感染率が高いなど従来のGERDとは異なる背景を持つ. また, QOLはむしろ不良で, FD症状を合併する例が多く, 酸分泌抑制薬の効果は通常のGERDに比べ弱い. 不定愁訴の疾患の病態には不明な点が多いが, 今後さらに重要度が増加すると考えられ, 新しい治療戦略の確立が望まれる.

収録刊行物

  • 口腔・咽頭科 = Stomato-pharyngology  

    口腔・咽頭科 = Stomato-pharyngology 20(3), 253-256, 2008-06-10 

    日本口腔・咽頭科学会

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

ページトップへ