エレクトロパラトグラフィ(EPG)臨床活用に向けた日本語音韻目標パターンの作成と構音点の定量的評価指標の算定 EPG Target Pattern and Quantitative Analysis Criteria for Japanese Sounds : Aiming at Clinical Use of EPG

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

EPGを用いた構音訓練の目標として示す日本語音韻のEPGパターンを得ることを目的に, 正常例の構音動態を分析した.顎口腔機能に異常がない成人5例を対象とし, 日本語5母音と歯茎音・硬口蓋音・軟口蓋音をWinEPGシステム (Articulate Instruments Ltd.) を用いて記録した.各音について最も舌と口蓋の接触が多いフレームを選択し, 5名の被験者の累積頻度パターンを作成した.また, 舌と口蓋の接触が前後方向いずれに偏っているかを示すCenter of Gravity (COG) 値の平均値を算出した.結果, 累積頻度パターンは個人間の共通部分が明らかとなり, 変動の許容範囲も示せるので, 視覚的フィードバック訓練の有用な目標パターンとなった.COG値は構音点の前後方向の違いを具現しており, 構音場所の誤りを定量的に評価する指標となりうることがわかった.

The aim of this study was to acquire an EPG target pattern and quantitative analysis criteria for Japanese sounds used in EPG training.<BR>The subjects were five adults without present or past speech, language, or hearing problems. After the EPG recording, a cumulative template was generated from the maximum contact frame for each sound and the"center of gravity" (COG) value was calculated as a quantitative measure.<BR>The cumulative templates for each sound proved to be a good EPG target pattern for visual feedback training, because they display common interpersonal contact patterns and the area of tolerance. As the COG value represents the relative concentration of electrodes in the anterior-posterior dimension, it is useful for measuring progress from an incorrect posterior placement to a correct anterior placement.

収録刊行物

  • 音声言語医学 = The Japan Journal of Logopedics and Phoniatrics  

    音声言語医学 = The Japan Journal of Logopedics and Phoniatrics 49(2), 101-106, 2008-04-20 

    The Japan Society of Logopedics and Phoniatrics

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021300386
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00034826
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00302813
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ