障害者権利条約における教育条項 : インクルーシブ教育について考える The Article on Education under the UN Convention on the Rights of Persons with Disabilities : Considering Inclusive Education

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

2006年12月に採択された「障害者権利条約」の教育条項は, 誰をも排除しないインクルーシブな社会の形成に向けて, インクルーシブ教育を原則とした.インクルーシブ教育は, 子どもの姿から教育を構築するという理念であり, 不断の改革プロセスである.インクルーシブな社会の形成が意図されているとはいえ, 全面的な発達を目指す教育の目的に沿って, 個の教育的ニーズの尊重が最優先されねばならない.したがって, インクルーシブ教育が真にインクルーシブなものになっているかどうかは, そこでの教育が子どもの教育的ニーズに照らして適切なものになっているかどうかという実質的側面から問われる必要がある.従来の教育実践で蓄積されてきた子どもを主人公とするための子ども観や発達観を, 「合理的配慮」を生かした教育条件整備を通して励ますことは, インクルーシブ教育と矛盾するものではなく, むしろ子ども中心の教育を保障するための基礎となる.

The Article on Education under the UN "Convention on the Rights of Persons with Disabilities" made inclusive education the underlying principle for establishing an inclusive society that excludes no individual. Inclusive education is a child-centered pedagogy and an ongoing process for configuring an educational system based on children's educational needs. As such, we do not have a completed model of inclusive education. To create true inclusive education, it is important to apply the legacy of former special education to understand a child and his/her development from many aspects. This view obtained in special education is consistent with inclusive education. Avoiding simple and direct links between the disability name and the child, understanding of the child is indeed the basis for child-centered education. We need to use "reasonable accommoda-tion" to achieve this with inclusive education.

収録刊行物

  • 音声言語医学 = The Japan Journal of Logopedics and Phoniatrics  

    音声言語医学 = The Japan Journal of Logopedics and Phoniatrics 49(2), 126-131, 2008-04-20 

    The Japan Society of Logopedics and Phoniatrics

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021300446
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00034826
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00302813
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ