スポーツを通して障害者を一般社会へ Quest to Realize a Normalized Society through Participation of the Disabled in Sports Activities

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 伊佐地 隆 ISAJI Takashi
    • 茨城県立医療大学付属病院リハビリテーション科 Department of Rehabilitation Medicine, Ibaraki Prefectural University of Health Sciences Hospital

抄録

障害者がスポーツを行いたいというニーズに応えることによって, それが実現できた障害者は生き生きとし, それを見ることによってわれわれも喜びを感じ力が湧いてくる経験をすることができた.スポーツに取り組むことによって障害者が一般社会へ入っていくきっかけになり, ノーマライゼーションの社会を具現化できることがわかった.

Satisfying various needs of disabled persons who live in the community is a task having an impact on their rehabilitation. We experienced events enabling the disabled to realize their desire to participate in general sports activities. Their participation gave them motivation to live vibrantly, and also gave us pleasure and strength. We learned from the experience that sports activities for the disabled create opportunities for them to enter their community, and thereby enable the achievement of a normalized society.

収録刊行物

  • 音声言語医学 = The Japan Journal of Logopedics and Phoniatrics  

    音声言語医学 = The Japan Journal of Logopedics and Phoniatrics 49(3), 202-207, 2008-07-20 

    The Japan Society of Logopedics and Phoniatrics

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021300565
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00034826
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00302813
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ