開心術後におけるドレーン血回収の有効性について The effectiveness of the drain blood collection after open heart surgery

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

要旨我々は、無輸血体外循環を目標に全ての症例に対して術中洗浄式自己血回収装置(Haemonetics社製セルセーバー)を使用している。このセルセーバーを開心術後の胸腔、心嚢ドレーン出血に対して継続使用することで、術後の輸血量削減にっながるのではないかと考えた。人工心肺を用いた開心術60症例において、術後の胸腔、心嚢ドレーン血をセルセーバーにて回収した30症例をA群、回収せず直接ドレーンバッグへ接続した30症例をB群とし、術後の輸血量を比較した。ドレーン血の回収は、ICU帰室時より翌朝までとした。結果は、A群において有意に術後の輸血量が少なかった。また翌朝、A群のドレーンを回収してできた回収血を血液培養したところ、菌陽性率は約40%であり、その多くは常在菌であるグラム陽性菌であった。今回、回収血を使用した症例で術後感染症に発展した症例はなかったが、ドレーン血回収は術後できる限り早期に行う必要があると考える。開心術後のドレーン血回収は術後の輸血量削減につながり有効である。

収録刊行物

  • 体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology  

    体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology 35(2), 111-115, 2008-06-01 

    The Japanese Society of Extra-Corporeal Technology in Medicine

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021301058
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1020635X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09122664
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ