冠動脈バイパス手術における機械的循環補助の位置づけ Evaluations of mechanical circulatory assistances for coronary artery bypass surgery

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 伊藤 英史 ITOH Hideshi
    • 高知県・高知市病院企業団立高知医療センター循環器病センター Department of cardiovascular Center, Kochi Health Sciences Center
    • 三宅 陽一郎 MIYAKE Yoichiro
    • 高知県・高知市病院企業団立高知医療センター循環器病センター Department of cardiovascular Center, Kochi Health Sciences Center
    • 岡部 学 OKABE Manabu
    • 高知県・高知市病院企業団立高知医療センター循環器病センター Department of cardiovascular Center, Kochi Health Sciences Center

抄録

要旨連続した123症例の冠動脈バイパス術(CABG)をoff-pump bypass CABG(OPCAB)82例、OPCAB+大動脈バルーンパンピング(IABP)18例、On-pump beating CABG23例の3群に分類し機械的循環補助の役割と有効性について検討した。術前の心機能状態はOPCAB+IABP群、On-pump beating CABG群の方がOPCAB群より悪かった。手術時間、48時間以上の長期人工呼吸補助、術後再開胸止血術を必要とした症例はOn-pump beating CABG群で多かったが、その他の術後の合併症、グラフト開存率などに有意な差は認められなかった。OPCABを標準術式とした場合には従来のOn-pump beating CABG対象症例のうちIABP補助下でのOPCABによって対応できる症例が含まれると考えられた。その結果としてCABGではOPCAB、OPCAB+IABP、On-pump beating CABGの順に機械的循環補助は位置づけられた。

収録刊行物

  • 体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology  

    体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology 35(2), 128-132, 2008-06-01 

    The Japanese Society of Extra-Corporeal Technology in Medicine

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

ページトップへ