ヘパリン起因性血小板減少症を合併した症例に対する体外循環について A method of extracorporeal circulation for the case of Heparin-Induced Thrombocytopenia

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

要旨ヘパリン起因性血小板減少症を合併した患者に対して、抗トロンビン剤のアルガトロバンを使用して体外循環下の心臓手術を行った。アルガトロバンの投与は、これまでの症例報告を参考に初回0.1mg/kg、持続5~7μg/kg/minで行い、ACTが400~450秒の間になるように努めた。しかし、ACTのコントロールに難渋し、大幅な延長を認める結果となった。アルガトロバンには中和剤がなく、体外循環終了から約2.5時間後のACTは280秒もあったが、手術は無事終了した。

収録刊行物

  • 体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology  

    体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology 35(2), 133-135, 2008-06-01 

    The Japanese Society of Extra-Corporeal Technology in Medicine

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021301101
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1020635X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09122664
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ