連合型心筋保護法に Microplegia を併用した新しい心筋保護法の検討 A study of a novel integrated myocardial management associated with Microplegia

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

要旨連合型心筋保護法(Integrated Myocardial Management:IMM)にMicroplegiaを併用した開心術症例について、従来の心筋保護法を実施した症例と比較検討し、報告する。対象は2006年9月から2007年5月までの成人開心術症例のうち、IMMのみ行った15例(I群)とIMMにMicroplegiaを併用した15例(M群)とした。その結果、ICU帰室後CPK-MB値、心肺血K値(max)などでそれぞれ統計学的有意差は認められなかった。しかし、cold blood灌流時に心室細動が発生し、それに対し心筋保護液が過剰投与されることによるoverdoseを懸念し、最低限のカリウム濃度で灌流中に弛緩性心停止を維持できるMicroplegiaを併用する必要があった。そのため、MPSを使用しIMMにcold bloodにカリウムを添加して灌流するMicroplegiaを併用した心筋保護法は、血液灌流時に6~8mEq/Lのカリウム濃度を維持することが可能であることにより、確実な心停止が得られる方法として有用であると考えられた。

収録刊行物

  • 体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology  

    体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology 35(2), 138-141, 2008-06-01 

    The Japanese Society of Extra-Corporeal Technology in Medicine

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021301111
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1020635X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09122664
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ