選択的持続血液冠灌流による心拍動下心内修復術 Valve repair on the beating heart with continuous selective coronary blood perfusion

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 新居 優貴 NII Yuki
    • 名古屋第二赤十字病院 医療技術部 第二臨床工学課 Department of Medical Technology, Division of Second Clinical Engineering, Nagoya Daini Red Cross Hospital
    • 山田 悌士 YAMADA Teiji
    • 名古屋第二赤十字病院 医療技術部 第二臨床工学課 Department of Medical Technology, Division of Second Clinical Engineering, Nagoya Daini Red Cross Hospital
    • 薗田 誠 SONODA Makoto
    • 名古屋第二赤十字病院 医療技術部 第二臨床工学課 Department of Medical Technology, Division of Second Clinical Engineering, Nagoya Daini Red Cross Hospital
    • 東 和美 HIGASHI Kazumi
    • 名古屋第二赤十字病院 医療技術部 第二臨床工学課 Department of Medical Technology, Division of Second Clinical Engineering, Nagoya Daini Red Cross Hospital
    • 杉浦 裕之 SUGIURA Hiroyuki
    • 名古屋第二赤十字病院 医療技術部 第二臨床工学課 Department of Medical Technology, Division of Second Clinical Engineering, Nagoya Daini Red Cross Hospital
    • 江向 光希子 EMUKAI Mikiko
    • 名古屋第二赤十字病院 医療技術部 第二臨床工学課 Department of Medical Technology, Division of Second Clinical Engineering, Nagoya Daini Red Cross Hospital
    • 相原 有理 AIHARA Yuri
    • 名古屋第二赤十字病院 医療技術部 第二臨床工学課 Department of Medical Technology, Division of Second Clinical Engineering, Nagoya Daini Red Cross Hospital
    • 水野 雄介 MIZUNO Yusuke
    • 名古屋第二赤十字病院 医療技術部 第二臨床工学課 Department of Medical Technology, Division of Second Clinical Engineering, Nagoya Daini Red Cross Hospital
    • 西尾 祐司 NISHIO Yuji
    • 名古屋第二赤十字病院 医療技術部 第二臨床工学課 Department of Medical Technology, Division of Second Clinical Engineering, Nagoya Daini Red Cross Hospital

抄録

要旨 高度低心機能症例8例、寒冷凝集高値症例3例に対し、大動脈遮断でに持続的かつ選択的に血液冠灌流を行うことで、空気塞栓を防止しながら、自己心拍を温存し、心内修復術を施行した体外循環を経験した。体外循環回路より酸素加され新血液を心筋保護回路へ導き、約35℃に加温した後、血流量250mL/min、先端圧80~100mmHgを目標に灌流を行った。平均体外循環時間322.5min、平均血液冠灌流時間120.8minであった。コロナリーカニューレの屈曲や逸脱などにより一過性の心電図変化が見られたが、重度の血行動態低でを合併することなく、回避することができた。心停止群、冠灌流施行群の術後のCK、CK-MB、LDHを比較したが、有意差はなかった(p<0.01)。灌流状況、心疫図波形の変化の把握、術者との情報交換、トラブル対策を徹底することでより安全性に優れた冠灌流補助法となりえると考えられた。至適冠灌流量、灌流圧などの安全基準を明確にすること、心停止で手術へのスムーズに移行できる体制の確立などが課題と考えられた。

収録刊行物

  • 体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology  

    体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology 35(2), 142-145, 2008-06-01 

    The Japanese Society of Extra-Corporeal Technology in Medicine

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

ページトップへ