α-stat と pH-stat による超低温選択的脳灌流時の脳内酸素飽和度の検討 Comparison of regional oxygen saturation between alpha-stat and pH-stat management during hypothermic selective cerebral perfusion in arch aneurysm surgery

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

要旨 低体温法は脳保護の最も中心的な手段であるが、低体温体外循環中のpHやPaCO2管理は長年にわたって議論されており、統一の見解には至っていない。今回、超低温による選択的脳灌流(SCP)時の脳内酸素飽和度(rSO2)を、α-statとpH-statで比較検討した。その結果、rSO2は両群ともに有意差を認めて冷却時に上昇し復温時に下降した。rSO2の群間比較では、流量規定でSCPを施行した間には、α 群とpH群で有意差は認められなかった。pH群は、超低温でSCPを施行していない体循環時に、rSO2が有意に高値を示した。pH-statはα-statに比して脳血流量が増大するため、圧規定時には弊害の可能性も懸念されるが、rSO2は高値を示し脳組織代謝に有利であると示唆された。

収録刊行物

  • 体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology  

    体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology 35(2), 150-154, 2008-06-01 

    The Japanese Society of Extra-Corporeal Technology in Medicine

参考文献:  22件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

ページトップへ