シミュレータを用いた人工心肺システム評価について Evaluation of the cardiopulmonary bypass system in the simulator

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

要旨人工心肺シミュレータ(ECCSIM)を、閉鎖型人工心肺システムの模擬訓練に適用し、新しい回路評価に対するシミュレータシステム適用の可能性について検討した。MECC回路導入による閉鎖型システムの安全性確認のため、ECCSIMでその評価を行った。評価方法として、双方のシステムに対して心拍動下体外循環を想定したシナリオを実施し、血液流量、リザーバレベルなどの操作情報および血行動態情報の経過を記録した。操作情報の解析ではシナリオであらかじめ設定した血液流量とリザーバレベルの目標値と比較し、血行動態の経過が正常値の範囲であることを確認した。閉鎖型回路では、操作情報は目標値とほぼ同様の経過となったが、開放型では、ボリュームのコントロールが遅れる傾向などが確認できた。また、血行動態情報はどちらも正常値範囲内での運転であることが確認された。体外循環情報にて操作牲の差異、血行動態情報にて血圧を維持できたことにより安全性を客観的に評価することが可能であった。今後、小児領域またはまったく新たなシステムの評価にも応用が期待できる。

収録刊行物

  • 体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology  

    体外循環技術 = The journal of extra-corporeal technology 35(2), 168-170, 2008-06-01 

    The Japanese Society of Extra-Corporeal Technology in Medicine

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

ページトップへ