急性胆嚢炎に対する内視鏡的治療を応用した診療 Therapeutic Endoscopy for Acute Cholecystitis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

急性胆嚢炎に対するENGBDの適応と治療成績についてPTGBDとPTGBAとあわせ概説した。ガイドラインで推奨度CとされるENGBDは,経皮アプローチ困難例においても施行可能であり,挿管できれば劇的な治療効果を発揮するが,その胆嚢内挿管率とERCP後膵炎はいまだ大きな問題である。したがって,その適応は穿刺困難例でかつ手技成功率と偶発症発生に関して十分なインフォームドコンセントが得られた症例に限定すべきであると考えられる。

In this report, we describe the indication and outcome of endoscopic nasogallbladder drainage (ENGBD). ENGBD, recommended in degree C under the Tokyo Guidelines, can be performed in cases with an inaccessible percutaneous approach, and the treatment can show a dramatic effect if it can be intubated. However, the success rate of placement of the ENGBD tube and post-ERCP pancreatitis as an adverse event is a big issue. Therefore, we concluded that ENGBD should be performed in patients with acute cholecystitis in which a percutaneous transhepatic approach is contraindicated or anatomically impossible.

収録刊行物

  • 日本腹部救急医学会雑誌 = Journal of abdominal emergency medicine  

    日本腹部救急医学会雑誌 = Journal of abdominal emergency medicine 28(3), 463-468, 2008-03-31 

    Japanese Society for Abdominal Emergency Medicine

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021302081
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10426469
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13402242
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ