小児外科における腹部救急診療 Abdominal Emergencies in Pediatric Surgery

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1980年以降の25年間に当科に入院した小児患者は6,916例で,うち緊急入院は2,193例,31.7%であった。その間の手術総数は5,927件で,うち緊急手術は1,287件,21.7%に対して行われた。新生児緊急手術は200件で,消化管閉塞や腹壁異常などの先天性疾患が多く,出生前診断率は約60%であった。乳児期以降の腹部緊急手術例1,039例の内訳は,急性虫垂炎が659例,63.4%と最も多かった。消化管出血を主症状とする疾患で一番多かったのは腸重積(167例中103例,61.7%)であった。われわれは小児腹部外傷の重症度を評価するために臨床所見と簡単な検査からなる腹部外傷スコア(以下,ATS)を考案した。ATSはISSともよく相関し,重症度評価に有用であった。またわれわれは,誤飲されたボタン型アルカリ電池を摘出するためにマグネットチューブを考案した。現在,マグネットチューブは商品化されて,釘,ヘアピンなど金属製異物の摘出にも利用されている。

For the last 25 years since 1980, we have experienced 6916 pediatric surgical admissions of which 2193 cases, 31.7%, were emergency cases. Sixty percent of 200 newborns with intestinal obstructions and abdominal wall defects were prenatally diagnosed. Surgery for the acute abdomen was performed in 1039 infants and children, 659 of whom (63.4%) underwent an appendectomy. Intussusception was the major cause of intestinal bleeding. We developed an abdominal trauma score (ATS) which consists of the physical findings and laboratory data to evaluate the severity of the injury. The ATS correlated well with the Injury Severity Score. We invented a magnet tube to remove alkaline batteries from the stomach. The magnet tube is now commercially available and can be used to remove many kinds of foreign bodies containing ferrous metal, such as steel.

収録刊行物

  • 日本腹部救急医学会雑誌 = Journal of abdominal emergency medicine  

    日本腹部救急医学会雑誌 = Journal of abdominal emergency medicine 28(4), 525-529, 2008-05-31 

    Japanese Society for Abdominal Emergency Medicine

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021302263
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10426469
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13402242
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ